保健所での子犬の登録

保健所での子犬の登録

犬の登録時期
狂犬病予防法により、生後90日以上の犬を飼い始めた場合、
飼い始めてから30日以内に犬の登録が必要です。
生後90日以内の場合は生後90日を経過した日から30日以内に、
その犬の所在地を管轄する市町村長に犬の登録を申請しなければなりません。
狂犬病の予防接種をおこなったら、すぐに登録することができます。

 

※通常はワクチン接種後、狂犬病の予防接種をおこないます。
3回予防接種(ワクチン)を受けると、狂犬病の予防注射を受けるのは、
予防接種後30日以降となるので、生後120日を超えてしまう場合がありますが、
120日を過ぎても問題なく、犬の登録は出来ます。

 

登録をおこなうには
まず、動物病院に連絡を取り、獣医様と狂犬病予防注射の日程をご相談ください。
狂犬病予防注射を打ったら獣医様より必ず証明書を頂いてください。
(狂犬病予防注射は病院や地域にもよりますがおおよそ3,000円程度です)
その後、犬の登録を行なってください。

 

登録場所
地域により保健所意外に区(市)役所・出張所などで登録できるところもあるので、
お住まいの地域の保健所にお問合せください。

 

登録に必要なもの(地域により異なる場合がありますので、
お住まいの地域の保健所にお問い合わせください)
@登録手数料 3,000円前後
A狂犬病注射済票交付手数料500円〜1,000円前後
B注射を打った時に獣医様から頂いた証明書
C連絡先・犬の種類・生年月日・性別などを記入した申請書(登録書は保健所で頂くか、
お住まいの地域の保健所のホームページよりプリントアウトしてください)

 

登録すると貰えるもの
保健所から犬鑑札が渡されます。
(直径約3cmの「犬鑑札」と書かれ銀色の金属板)
お住まいの地域ごとに発行となりますので、
引越しの際は再度、届出が必要になります。
※登録は引越しをしなければ生涯1回です。
犬の登録は法律で義務づけられていますので、
必ず行なってください。

 

          狂犬病の予防注射         去勢・不妊手術

 

このエントリーをはてなブックマークに追加  

ホーム ご購入・お迎えまでの流れ 子犬・子猫検索 安心のサポート制度 お問い合わせ