狂犬病の予防注射

狂犬病の予防注射

狂犬病の予防注射の時期
狂犬病予防法により、生後90日以上の犬を飼い始めた場合、飼い始めてから30日以内に犬の登録が必要です。
生後90日以内の場合は生後90日を経過した日から30日以内に、その犬の所在地を管轄する市町村長に犬の登録を申請しなければなりません。
動物病院や地域によって異なりますが、初年度(生まれた年)は2回目、もしくは3回予防接種(ワクチン)後、30日程度期間を開けてから狂犬病の予防注射をおこないます。

 

狂犬病の予防注射後、保健所へ犬の登録をおこないます。
詳しくは保健所での犬の登録をお読みください。

 

翌年以降の狂犬病の予防注射
翌年以降、狂犬病予防注射は毎年4月〜6月におこないます。


子犬を飼い始め、犬の登録をおこなうと、毎年3月末から4月初めに飼い主様宛てに狂犬病予防注射のお知らせが保健所より届きます。(地域により異なります)
また狂犬病予防の集団注射(有料)をおこなっている地域では集団注射の案内ハガキが保健所より届きます。
会場へはハガキを持参し、狂犬病予防注射をおこないます。

 

集団注射の場合は、指定日時に指定場所へ下記のものを持参します。
@狂犬病注射済及び交付手数料3、000円〜4,000円前後(ハガキに記載されています)
A保健所から届いたハガキ
B地域によっては市や区で発行された愛犬カード・愛犬手帳など
※地域により異なる場合がありますので、お住まいの地域の保健所にお問い合わせください。

 

狂犬病予防注射を動物病院で打たれる場合は、毎年4月〜6月までに、かかりつけの動物病院で狂犬病予防注射をおこない、保健所に届けて終了となります。
狂犬病予防注射は病院や地域にもよりますがおおよそ3,000円程度です。

 

保健所には下記のものを持参します。
(地域により保健所意外に区(市)役所・出張所などで登録できるところもあるので、お住まいの地域の保健所にお問合せください。)
@狂犬病注射済票交付手数料500円〜1,000円前後(ハガキに記載されています)
A保健所から届いたハガキ
B注射を打った時に獣医様から頂いた?狂犬病予防注射済証
C地域によっては市や区で発行された愛犬カード・愛犬手帳など

 

保健所から貰えるもの
狂犬病予防注射済票という鉄板プレートが渡されます。

 

※地域により異なる場合がありますので、お住まいの地域の保健所にお問い合わせください。
※狂犬病予防注射は毎年行うことが法律で義務づけられています。

 

          フィラリア予防          保健所での犬の登録

 

このエントリーをはてなブックマークに追加  

ホーム ご購入・お迎えまでの流れ 子犬・子猫検索 安心のサポート制度 お問い合わせ