犬のフィラリア予防

フィラリア予防

フィラリアとは
蚊やブユなどから感染し、寄生虫が犬の肺や心臓の血管に寄生する病気です。
咳がでたり、食欲がなくなったり、疲れやすくなるなどの症状が出ます。
最悪死に至ることもあります。

 

予防時期
フィラリアは毎月一回の薬の摂取や、注射で投与する薬は半年効き目があるものもあり、簡単に予防できます。時期は蚊が発生して1ヵ月以内にはじめ、いなくなってから1ヵ月後まで予防をおこないます。地域にもよりますが4月〜12月の間ぐらいです。沖縄県は年間おこなうなど、地域により時期が異なるので獣医師様に予防接種をした際にご相談ください。

 

フィラリアの薬は錠剤やビスケット型などあり、月1,000円程度から購入できます。

 

また、毎年フィラリアの予防前には感染していないか、動物病院で検査をしてもらいます。
万が一、フィラリアに感染している場合は、フィラリアの薬を投与するとショック死をする場合もあります。

 

5月などの初夏に子犬を迎えたの場合、動物病院に連絡し、すぐにフィラリア予防をおこったほうが良いのか、フィラリア予防は次回のワクチン接種時からで良いのか。11月や12月の冬の時期に子犬を迎えたの場合、すぐにフィラリア予防をおこったほうが良いのか、フィラリア予防は来年の春からで良いのか、、獣医師様に確認を取ってください。初めのフィラリア投与の時期は獣医師様により、生後○日以降や、離乳後△日以降など考え方が違うためです。

 

フィラリアのお薬を飲ませるまでは、極力愛犬を外に連れて行かないようにし、ご自宅内も蚊よけスプレーや蚊よけネットなどで、蚊に刺されないよう対策をしてください。

 

予防接種をしなければ、伝染病や感染症にかかるリスクも当然高くなり、
最悪死に至ることもあります。予防接種は法律で定めているものではありませんが、
愛犬の為におこなってください。

 

           予防接種(ワクチン)    狂犬病の予防注射

 

このエントリーをはてなブックマークに追加  

ホーム ご購入・お迎えまでの流れ 子犬・子猫検索 安心のサポート制度 お問い合わせ