子犬の暑さ対策、寒さ対策

子犬の暑さ対策、寒さ対策

子犬の時期は、成犬に比べ体温調整がうまくできないので温度管理は必要不可欠です。
犬の適正温度は22℃前後と言われていますが、基本的には人間の過ごしやすい環境であれば問題ありません。

 

しかし犬種によって暑がり、寒がりがあります。ですから常に愛犬の様子を気にしてください。

 

舌を出しているようでしたら暑がっていますので、犬用のひんやりマットなどのひんやりグッズやペットボトルに水を入れ凍らせたものをタオルなどで包み、与えてください。

 

寒い場合はペットヒーターなどの犬用の暖たかグッズやペットボトルにお湯を入れ、タオルなどで包み与えてください。犬用のウェアなどもいいでしょう。

 

ケージ内は、何も敷かない部分、タオルや布製のフカフカしたペットベッドなどを置いた部分などにして愛犬が暑かったら、何も敷かない部分、寒かったらタオルやベッドなどの場所へ自分で移動できる環境にしてください。

 

また、直射日光が当たる場所や、エアコンの風が直接当たる場所にはケージを設置しないでください。

 

          日々のお手入れ        犬の便について       

 

このエントリーをはてなブックマークに追加  

ホーム ご購入・お迎えまでの流れ 子犬・子猫検索 安心のサポート制度 お問い合わせ