ビションフリーゼの特徴

犬種 ビションフリーゼ 体型 小型犬
初心者向き度 ★★★★☆ 集合住宅適性度 ★★★★★
高齢者向き度 ★★★★★ 子ども向き度 ★★★★★
他の犬への交友度 ★★★★☆ 知らない人への交友度 ★★★★☆
遊び好き ★★★★★ 毛が抜けにくい ★★★★☆
しつけのしやすさ ★★★★☆ 吠えにくい ★★★★☆

※★★★★★が最高点です。個体により特徴の差があります。

起源 古代 原産地 フランス
体高(オス) 23cm〜30cm 体重(オス) 6kg前後
体高(メス) 23cm〜30cm 体重(メス) 6kg前後
耳の形状 垂れ耳 尾の形状 垂れ尾
被毛 巻き毛のダブルコートです。
カラー ホワイト
かかりやすい病気 膝蓋骨脱臼、外耳炎、皮膚病など
性格 ビション・フリーゼは、元気で明るく、人や動物が大好きなので、お子様や高年齢者がいらっしゃるご家庭、先住犬や他の動物を飼われているご家庭に最適です。番犬には向きません。主従関係を築けば飼い主様に素直に従います。
どんな人が飼主に向いている ビション・フリーゼは独特の巻き毛で毛玉ができやすいので、毎日の念入りなブラッシング、トリマーによる定期的にトリミングをおこなえる方が向いています。活発な犬種ですが、それほどの運動量は必要なく、性格も従順な犬種なので、わんちゃんを初めて飼われる方にも向いています。抜け毛が少ないので、室内飼いに最適です。
起源・歴史 大西洋、アフリカ付近のカナリア諸島に生息していた犬がビション・フリーゼの祖先犬と言われています。14世紀にイタリア人がヨーロッパに持ち帰り、16世紀頃にフランスで小型化に改良され、貴族の間で大人気となりました。19世紀になると、一般家庭やサーカスなどでも愛されるようになりました。20世紀中頃に、アメリカで「パウダーパフ」と呼ばれるビション・フリーゼ特有のカットが人気の火種となり、世界的に人気となりました。フランス語でビション(飾り)、フリーゼ(巻き毛)が名前の由来と言われていますが、諸説あります。

上に掲載しているわんちゃんが現在ご家族募集(販売)のブリーダーさんの元で生まれた子犬たちです。
既に新しいご家族が決まった子犬は価格の横に(新しいご家族が決まりました)と記載してあります。


ホーム ご購入・お迎えまでの流れ 子犬・子猫検索 安心のサポート制度 お問い合わせ