犬がしっぽを振る意味

犬がしっぽを振る意味

犬がしっぽを振る行為は喜んでいる時と思っている方が多いようです。もちろん喜んでいる場合もありますが、その他の感情の場合もあります。
しっぽの向きや振り方によって犬の気持ちを知ることができます。

 

@警戒、興奮している時
しっぽが上向きで、しっぽの先を小刻みに振っている場合は警戒し、興奮しています。
他の飼い主様の犬が、このような仕草をしている場合、あなたが犬を触ろうと手を出すと、噛まれてしまうかもしれませんので、手を出さないようにしましょう。
なお、尻尾の振るスピードが遅くなるにつれ、警戒心、興奮が弱まります。

 

飼い主様が飼われている犬が目の前の犬、動物、人などに、このような仕草をした場合は、犬を撫でたり、抱っこをしたりして、落ち着かせてあげましょう。

 

A自分の力を誇示している時
しっぽが上向きで、ゆっくり振っている場合は、自分の力を誇示している場合です。つまり目の前の犬、動物、人などよりも、自分の方が強い、立場が上と思っています。このような場合も、犬を触ろうと手を出すと、噛まれてしまうかもしれませんので、手を出さないようにしましょう。

 

また、飼い主様に、このような仕草をする場合は、主従関係が逆転している証拠ですので、しつけをやり直して、飼い主様の方が上位ということを犬に教えなければなりません。

 

B嬉しい時
しっぽのつけ根から、水平か、やや下向き振っている場合は嬉しいという仕草です。早く大きく振っているほど、嬉しく興奮しています。こんな時は犬の気持ちに応えて、撫でたり思いっき遊んであげましょう。

 

C不安や怖がっている時
しっぽが足と足に隠れる程、下に下げて巻き込んでいる場合は不安がっていたり怖がっています。目の前の犬、動物、人などから遠ざけてあげましょう。

 

D体調が悪い時
しっぽがだらんとたれている場合は具合が悪い時です。様子を見て必要であれば動物病院に連れて行きましょう。

 

        犬がお腹を見せる意味           犬があくびをする意味

 

このエントリーをはてなブックマークに追加  

ホーム ご購入・お迎えまでの流れ 子犬・子猫検索 安心のサポート制度 お問い合わせ