犬が舐める意味

犬が舐める意味

@顔を舐める
飼い主様の口を舐める行動は、親犬にごはんをねだる行動です。つまり甘えている行動です。また、犬同士ですと自分より上の立場の犬に対して下の立場の犬が口を舐めることによって服従行為をあらわす行動でもあります。

 

A飼い主様の手などを舐める
飼い主様が犬を叱った後に、飼い主様の手や足などを舐めるの行為は反省や許してという意味です。

 

犬の嫌がることをして(ブラッシングが苦手な犬にブラッシングをしている時など)手を噛まれ、その後に、犬が手を舐めてくることがあります。一見謝っている行為に見えますが、実は「もう嫌なことはするなよ」というような、犬の方が上の立場の気持ちで舐めています。

 

B自分の脚を舐める
暇つぶしで舐める。緊張やストレス、不安を感じていて、和らげるために舐める。脚の毛や皮膚の掃除をするため舐める。脚がかゆいから舐める。などが挙げられます。

 

ただし、あまりにも頻繁に舐めている場合は怪我や病気をしている可能性がありますので、確認してあげ、わからない場合は動物病院で検査することも検討しましょう。

 

   犬が見つめる意味           犬が前足を人のひざなどに乗せる意味

 

このエントリーをはてなブックマークに追加  

ホーム ご購入・お迎えまでの流れ 子犬・子猫検索 安心のサポート制度 お問い合わせ