犬の気持ちを仕草で理解する

犬の気持ちを仕草で理解する

犬がしっぽを振る行為は喜んでいる時と思っている方が多いようです。もちろん喜んでいる場合もありますが、その他の感情の場合もあります。
しっぽの向きや振り方によって犬の気持ちを知ることができます。

 

@警戒、興奮している時
しっぽが上向きで、しっぽの先を小刻みに振っている場合は警戒し、興奮しています。
他の飼い主様の犬が、このような仕草をしている場合、あなたが犬を触ろうと手を出すと、噛まれてしまうかもしれませんので、手を出さないようにしましょう。
なお、尻尾の振るスピードが遅くなるにつれ、警戒心、興奮が弱まります。

 

飼い主様が飼われている犬が目の前の犬、動物、人などに、このような仕草をした場合は、犬を撫でたり、抱っこをしたりして、落ち着かせてあげましょう。

 

A自分の力を誇示している時
しっぽが上向きで、ゆっくり振っている場合は、自分の力を誇示している場合です。つまり目の前の犬、動物、人などよりも、自分の方が強い、立場が上と思っています。このような場合も、犬を触ろうと手を出すと、噛まれてしまうかもしれませんので、手を出さないようにしましょう。

 

また、飼い主様に、このような仕草をする場合は、主従関係が逆転している証拠ですので、しつけをやり直して、飼い主様の方が上位ということを犬に教えなければなりません。

 

B嬉しい時
しっぽのつけ根から、水平か、やや下向き振っている場合は嬉しいという仕草です。早く大きく振っているほど、嬉しく興奮しています。こんな時は犬の気持ちに応えて、撫でたり思いっき遊んであげましょう。

 

C不安や怖がっている時
しっぽが足と足に隠れる程、下に下げて巻き込んでいる場合は不安がっていたり怖がっています。目の前の犬、動物、人などから遠ざけてあげましょう。

 

D体調が悪い時
しっぽがだらんとたれている場合は具合が悪い時です。様子を見て必要であれば動物病院に連れて行きましょう。

 

        犬がお腹を見せる意味           犬があくびをする意味

 

このエントリーをはてなブックマークに追加  
続きを読む≫ 2014/11/11 14:14:11

人間は眠い時にあくびをします。犬は人間と違い、あくびには色々な意味があります。ではどのような時に犬はあくびをするのでしょうか。

 

@眠い時
犬も人間と同様、眠気を感じるとあくびをします。寝起きや眠る前におこなう仕草です。

 

A緊張や興奮した時
緊張や興奮した気持ちを抑えるためにおこないます。リラックスをするためにも、おこないます。

 

B嫌な時
嫌な時、不安な時、ストレスを感じてい時に、和らげるためにおこないます。飼い主様に怒られた時など、「もう叱らないで」という気持ちであくびをします。

 

C犬と絆が深い場合
飼い主様と犬の絆が強いと、飼い主様があくびをすると犬に移ってあくびをすることがあります。

 

        犬がしっぽを振る意味           犬が目線をそらす意味

 

このエントリーをはてなブックマークに追加  
続きを読む≫ 2014/11/11 14:13:11

目線をそらす行動もいくつか意味があります。全く違う意味もありますので、その場の状況や、あくびと一緒におこなう他の仕草も考慮して犬の気持ちを理解してあげてください。

 

@敵意がない時
動物や人など、目の前の相手に敵意がない場合は、通常目をあわせることはありません。犬の世界では目線を合わせるということは威嚇行動の場合があります。

 

A困ったり苦手なことをされた時
例えばブラッシングが嫌いな犬の場合、飼い主様が犬にブラッシングをおこなうと、目をそらすことがあります。困ったことや苦手なことをされた時、犬は目をそらします。

 

B嬉しい時
嬉しい時も目線を合わせません。飼い主様が嫌われているわけではなく、主従関係ができている証拠です。

 

          犬があくびをする意味           犬が見つめる意味

 

このエントリーをはてなブックマークに追加  
続きを読む≫ 2014/11/11 14:13:11

犬が目の前の犬、動物、人を目つめる場合、いくつか意味があります。

 

@威嚇をしている時

目を合わせる場合は威嚇行動です。目を合わせ歯を出して唸るので、すぐわかります。
目の前の犬、動物、人を自分と同等か下位と思っている場合も目を合わせます。

 

このような場合も、犬を触ろうと手を出すと、噛まれてしまうかもしれませんので、手を出さないようにしましょう。

 

また、飼い主様に、このような仕草をする場合は、主従関係が逆転している証拠です。
しつけをやり直して、飼い主様の方が上位ということを犬に教えなければなりません。

 

Aアイコンタクトをしている時
威嚇をしているような険しい表情ではなく、上目遣いで見ている場合はアイコンタクトです。遊んで欲しい時や、おやつが欲しい時など、おねだりをする時に飼い主様を見つめます。

 

          犬が目線をそらす意味           犬が舐める意味

 

このエントリーをはてなブックマークに追加  
続きを読む≫ 2014/11/11 14:12:11

@顔を舐める
飼い主様の口を舐める行動は、親犬にごはんをねだる行動です。つまり甘えている行動です。また、犬同士ですと自分より上の立場の犬に対して下の立場の犬が口を舐めることによって服従行為をあらわす行動でもあります。

 

A飼い主様の手などを舐める
飼い主様が犬を叱った後に、飼い主様の手や足などを舐めるの行為は反省や許してという意味です。

 

犬の嫌がることをして(ブラッシングが苦手な犬にブラッシングをしている時など)手を噛まれ、その後に、犬が手を舐めてくることがあります。一見謝っている行為に見えますが、実は「もう嫌なことはするなよ」というような、犬の方が上の立場の気持ちで舐めています。

 

B自分の脚を舐める
暇つぶしで舐める。緊張やストレス、不安を感じていて、和らげるために舐める。脚の毛や皮膚の掃除をするため舐める。脚がかゆいから舐める。などが挙げられます。

 

ただし、あまりにも頻繁に舐めている場合は怪我や病気をしている可能性がありますので、確認してあげ、わからない場合は動物病院で検査することも検討しましょう。

 

   犬が見つめる意味           犬が前足を人のひざなどに乗せる意味

 

このエントリーをはてなブックマークに追加  
続きを読む≫ 2014/11/11 14:11:11

犬が前足を人のひざなどに乗せる場合、犬の方が主従関係が上と思っている証拠です。

 

飼い主様に、このような仕草をする場合は、主従関係が逆転している証拠ですので、しつけをやり直して、飼い主様の方が上位ということを犬に教えなければなりません。

 

犬があごを飼い主様の膝の上に載せたりするのは、かまってほしいという仕草です。飼い主様を下に見ているわけではありません。

 

飼い主様のひざの上で犬が居眠りをしたり、飼い主様が横になっている時に、犬が飼い主様のお腹に乗ってきたりすることがあります。
普段から、主従関係が築かれているのであれば、ただ単に飼い主様とくっついていたい。飼い主様に包まれて安心して眠っている。というだけで、特に問題はありません。

 

しかし普段から問題行動をおこしている場合は、犬の方が飼い主様より立場が上と思い、飼い主様の上に乗る行為は「自分の方が偉いんだぞ」と誇示しています。(マウンティング)

 

その場合、飼い主様のひざの上や、お腹の上などに乗せることを許していると、さらに犬は自分が上だと思うので、必ず止めさせてください。

 

      犬が舐める意味           犬がお尻を飼い主様につける意味

 

このエントリーをはてなブックマークに追加  

 

続きを読む≫ 2014/11/11 14:09:11

リラックスしている、またはリラックスをしたい場合、
眠るときなどにもこのような行動をとります。

 

野生ではいつ敵が襲って来るかわかりません。ですから野生の頃、眠る時は狭い穴で寝たり、狭い穴が無い場合は急所のひとつである下半身を仲間同士でくっつけ、寝たりします。

 

急所を飼い主様につけることにより、犬は安心して眠ることができます。
この行動は飼い主様を信頼していないと、おこわない行為です。

 

前足を人のひざなどに乗せる意味      飼い主様から離れた場所でも眠る意味

 

このエントリーをはてなブックマークに追加  
続きを読む≫ 2014/11/11 14:08:11

犬を飼いだしてすぐの頃は、犬をケージから出して遊んでいても眠くなると自分からケージの中に入り眠ることが多かったのではないでしょうか。

これは、まだ飼い主様をさほど信頼してないく、安全な自分のテリトリー内で安心して寝たいという気持ちで、狭いケージ内に移動します。

 

それが飼い主様を信頼していくにつれ、ケージ内に入らず、飼い主様の側や、飼い主様のひざの上、飼い主様の体に犬がお尻をつけて寝ることがあります。

 

時には仰向けになり、お腹を出して寝ることもあります。飼い主様の近くにいれば安心と思っているからです。

 

更に時が経つと、飼い主様から離れた場所でも眠ることもあります。
飼い主様のお家の空間が安心できるスペースとなり、飼い主様と多少離れていても問題ないと思っているからです。

 

  お尻を飼い主様につける意味      寝ている時に動いたり唸ったりする意味

 

このエントリーをはてなブックマークに追加  
続きを読む≫ 2014/11/11 14:07:11

犬が眠っている時に、痙攣しているようにピクピクしたり、
唸ったり、小さく吠えることがあります。
これは犬が夢を見ているからだと言われています。

 

特に問題はないのですが、余りにも痙攣がひどく心配の場合は、犬を軽く撫でてあげてください。すぐに痙攣は止まるはずです。

 

 

飼い主様から離れた場所でも眠るようになった意味    お腹を見せる意味

 

このエントリーをはてなブックマークに追加  
続きを読む≫ 2014/11/11 14:05:11

犬にとって、お腹は急所の一つです。仰向けになってお腹を見せるという行為はいくつかの意味があります。

 

@他の犬にする場合は、降参の意味です。そっぽを向いてしっぽは下に巻き込みます。

 

A飼い主様にする場合は飼い主様を信頼し服従している仕草です。また、「お腹をマッサージして」とおねだりしている場合もあります。
急所のお腹を触ってとおねだりするぐらいですから、飼い主様に相当な好意をもっています。
お腹を見せて寝るのも飼い主様を信頼し、安心している証拠でもあります。

 

寝ている時に動いたり唸ったりする意味   犬の気持ちを仕草で理解するのメニュー

 

このエントリーをはてなブックマークに追加  
続きを読む≫ 2014/11/11 14:03:11

ホーム ご購入・お迎えまでの流れ 子犬・子猫検索 安心のサポート制度 お問い合わせ