優良ブリーダーの子犬、子猫販売 アイドルドギーの犬の病気についてのページ

犬の病気

1.膝蓋骨脱臼(パテラ)とは
トイプードルを代表とした小型犬に発生しやすい症状です。一般的にはパテラと呼ばれています。
後足膝のお皿を納める溝が浅く、構造的に骨が脱臼しやすく、一度外れると癖になってしまう傾向があります。重度になると歩行困難になります。
小型犬では厳密に検査すると100%正常という子はとても稀と言われています。
パテラには膝蓋骨がひざの内側に外れる膝骸骨内包脱臼、ひざの外側に外れる膝骸骨外包脱臼、内側外側共に外れやすいケースがあります。
両親がパテラでなくても子犬がパテラになってしまうケースがあります。パテラは生まれつきの先天性の場合とフローリングで足を滑らせたり、高い所から落下して負傷した場合、打撲などが原因の後天性の場合があります。

 

2.こんな症状は膝蓋骨脱臼(パテラ)かも
 @足を浮かせたり、ケンケンしている。
 A太ももの太さが左右対称でない。
 B腰を振りながら歩いている。
 C後ろ足どちらかをかばっているしぐさをする。
このような症状が見受けられた場合は、獣医師さんに診てもらいましょう。

 

3.膝蓋骨脱臼(パテラ)のグレード
パテラは症状により、グレード1?4まであり、数字が大きくなるほど重度となります。
また、激しい運動などにより悪化してしまうケースもあります。

 

グレード1
最も軽い症状です。無症状であったり、症状が出ても自然と膝蓋骨が正常の位置に戻ります。膝の関節を伸ばした状態で、指で押すと脱臼をしますが押すのを止めると元に戻ります。痛みもなかったり、多少の痛みを感じる程度です。
グレード1の場合、症状が進行しない限り手術の必要はありません。
また、成犬に成長するにつれて筋肉が発達することにより、症状が改善することが多くあります。
日常生活にはほとんど支障ありません。

 

グレード2
日常の生活時に時々脱臼します。足をあげたりして正常な歩行が出来ない場合があります。わんちゃんが足を延ばし自分で関節を伸ばしたり、飼い主様が関節を伸ばし、関節を入れてあげます。
日常生活にはほとんど支障ありませんが、何も対策をおこなっていないとグレード3に進行する場合もあります。

 

グレード3
ほとんどの時間、脱臼をしていて、戻してもすぐに外れてしまいます。正常な歩行が出来ません。

 

グレード4
常に外れた状態で、元に戻らない状況です。正常な歩行が出来ません。

 

4.膝蓋骨脱臼(パテラ)のわんちゃんを飼うための注意事項
いきなり激しい運動や急な方向転換、ジャンプをして高いところ昇ったり高いところから飛び降りないよう、ご注意ください。
急に走ることも悪いという意見もありますが、そもそもわんちゃんは急に走りますし、それは防ぎようがありません。
急に走ることは、ジャンプや急な方今転換に比べれば、そこまで悪くないと言われています。

 

また、室内の床でフローリングの場所は、極力カーペットを敷いて、足が滑らないようお願い致します。
体重管理にも気をつけて頂ければと思います。やはり体重が重いと膝に負担がかかります。

 

5.膝蓋骨脱臼(パテラ)を改善するには
上記の注意事項を守って頂き、わんちゃんの負担を軽減してください。

 

筋肉が発達することにより、症状が改善することが多くあります。
膝の軟骨の筋肉が左右アンバランスになることも脱臼の原因となる一つですので、毎日の適度な運動は大切です。 
健康維持にも必要ですので過激な運動以外は特に運動を制限する必要はありません。

 

グルコサミンやコンドロイチン、カルシウムのサプリメントを与えることも良いと言われています。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加  
続きを読む≫ 2014/06/09 16:02:09

1.熱中症とは
熱中症とは運動や高温、多湿が原因で起こる体の障害のことを言います。ですから日射病と違い野外だけではなく室内でも起こるケースがあります。ちなみに日射病は、重症の熱中症のことを言います。

 

人間は汗をかくことにより、体温を下げますが犬は汗を出す汗線が肉球にしかないので、舌を出しながら呼吸をし、体内の熱を気化することにより、温度を下げます。ですので、人間に比べ犬は熱中症になりやすいです。また適正量の水分を補給できない場合も熱中症になります。

 

熱中症になりやすい場所は暑くなる場所で、夏の野外や、夏場のクーラーをしていない室内、特にエアコンを停止している車内は夏以外でも日差しの強い日は高温になりやすく、非常に危険です。

 

2.症状
体温が上昇し、口を大きく開け、通常に比べ激しく呼吸をします。
また大量のヨダレを出したり、嘔吐、お腹を下す場合もあります。

 

さらに症状が悪化すると意識が朦朧としたり、痙攣、失神、最悪死に至ることもあります

 

3.熱中症になりやすい犬種
@短頭種
シーズー、パグ、ペキニーズ、ブルドッグ、などマズル(鼻口部)がスカル(頭蓋骨)に比べ短い短頭種と言われている、通称鼻ぺちゃな犬は柴犬、レトリーバー、プードルなどの中頭種、ダックスフンドやイタリアングレーハウンド、ミニチュアピンシャーなどの長頭種と比べると顔の構造上、スムーズな呼吸がしにくい傾向です。犬は呼吸で体温調整をおこなうので、短頭種は中頭種、長頭種に比べ、熱中症になりやすいです。

 

A太っている犬
正常体型の犬と比べると体内に熱がこもりやすく、心臓などにも負担がかかりやすいです。また、首周りの脂肪によりスムーズな呼吸がしにくい傾向になるので体温調整が、しずらく熱中症になりやすいです。

 

B原産国、原産地が北部地方の犬
北部地方が原産地のシベリアンハスキーや北海道犬などは元々寒さに強く、暑さに弱い傾向ですので、熱中症になりやすいです。

 

C子犬や老犬
子犬や老犬はスタミナが少なく、子犬の場合は体温調節機能の未発達、老犬の場合は体温調節機能の老化の為、熱中症になりやすいです。

 

D病気や体調の悪い犬
体調の悪い場合、スタミナも少ない為、熱中症なりやすいです。

 

ただし、上部に当てはまらない犬でも、もちろん熱中症にかかりますので十分注意してください。

 

4.熱中症にならないための対策
@夏の温度の高い時期の散歩など外出は、早朝や夜など涼しい時間を選び、昼間は避ける。

 

A夏場の室内は基本エアコンを使用しますが、エアコンを使用するほど暑くない場合は、空気の循環を良くして、日陰の部屋で飼育する。日が当たる場合はカーテンを使用しますが、風通しに気をつけてください。

 

B車内でのお留守番は短時間でもNG。

 

C適正量の水分を補給をさせる。

 

Dひんやりグッズやペットボトルに水を入れ凍らせたものをタオルなどで包み、与える。

 

5.熱中症になった場合の応急処置
@冷水を体にかけたり、冷水に体をつけ体を冷やしたり、頚動脈静脈、腋下動脈静脈、大腿動脈静脈、を冷やすと体温が下がりやすいと言われているので濡れタオルを、首、前足のつけね(脇の下)、後ろ足のつけねを中心に当て、体温を下げてください。
ただし、体温を下げすぎないように気をつけてください。犬の平均通常体温は39℃程度です。

 

A意識があるようなら水を飲ませてあげてください。

 

B応急処置が済みましたら、急いで動物病院へ向かってください。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加  
続きを読む≫ 2014/05/20 19:35:20

ホーム ご購入・お迎えまでの流れ 子犬・子猫検索 安心のサポート制度 お問い合わせ