リーダーウォーク

リーダーウォーク

散歩をしていて愛犬は、飼い主様と寄り添って歩くか飼い主様の半歩ほど後ろを歩くのが理想的です。飼い主様より愛犬が前に出たら、瞬間的に愛犬が止まるぐらい、リードを引っ張ってください。
(グーっとリードを長い時間、引っ張るのではなく、一瞬ひっぱって刺激を与えるのがポイントです。また胴輪では意味がないので、リーダーウォークが出来るまでは首輪で散歩することをお勧めします。)

 

散歩も一定ではなく、歩くスピード、歩く方向を急に変えたり、急に止まったりします。
これを繰り返せば愛犬は飼い主様をチラチラ見ながら飼い主様のペースに合わせて歩くようになります。

 

最初のうちは飼い主様を見たらおやつやドッグフードをすぐにあげてください。
これを繰り返せば、愛犬が飼い主様を気にしながら、寄り添って歩くか、半歩下がって歩くようになります。

 

つまり散歩の主導権が愛犬から飼い主様に変わります。
主従関係も改善されていきます。これがリーダーウォークです。

 

         ハウストレーニング       ホールドスティール&マズルコントロール

 

このエントリーをはてなブックマークに追加  

ホーム ご購入・お迎えまでの流れ 子犬・子猫検索 安心のサポート制度 お問い合わせ