ハウストレーニング

ハウストレーニング

ハウストレーニングは、飼い主様の指示によりケージやキャリーに入るように教えることです。愛犬にハウスを認識させることで、落ち着ける場所、安心できる場所を与え、旅行や災害時などのご自宅以外の環境でもキャリーの中に入れば、愛犬が落ち着いて過ごすことが出来ます。

 

1.しつけ方法

@愛犬が好きなもの(おやつやおもちゃなど)を愛犬に見せ、ハウスの中に好きなものを入れ、扉を閉じます。

A愛犬はハウスの中の好きなものが欲しくて取ろうとしますが、扉が閉まっているので取れません。

B扉を開けたと同時に「ハウス」と言い、愛犬が好きなものにつられ、ハウスの中に入ります。

Cハウスの中に入ったら、「いい子」とほめて撫でてあげたり、おやつを更にあげます。

 

これを繰り返しおこなうことにより、ハウスの中に入ると良いことがあると認識し、おやつやおもちゃを使わなくても「ハウス」の指示でケージやキャリーの中に入るようになります。

 

2.注意事項
@合図は「ハウス」や「入れ」など一つの言葉で統一します。
A罰でハウスに入れたり、「ハウス」の指示で入り、すぐに扉を閉めると、閉じ込められたと思い、ハウスは閉じ込められる場所、嫌な場所と認識します。「ハウス」の指示で入れても、すぐに扉は閉めないでください。
Bハウスの外で楽しいことばかりだとハウスに入りたがらなくなります。たまにはハウス内でもおもちゃで遊んであげたり、おやつをあげましょう。

 

                  食糞                  リーダーウォーク    

 

このエントリーをはてなブックマークに追加  

ホーム ご購入・お迎えまでの流れ 子犬・子猫検索 安心のサポート制度 お問い合わせ