ホールドスティール&マズルコントロール

ホールドスティール&マズルコントロール

後ろから飼い主様が、愛犬を抱え、鼻口部などを触ることです。
(小型犬ならだっこのような状態、中型犬、大型犬ならわんちゃんの後ろから飼い主様が足で愛犬を挟むような状態)

 

なぜこのようなことをするのかというと、犬には元々服従本能があります。
愛犬を抱えることにより、自由に動くことが出来ず、触られることが嫌な、鼻口部を触らせるということは、飼い主様に愛犬が自分の体を任せることで、その服従本能を更に高め主従関係を強固することにより、飼い主様の指示に従い、飼いやすい犬に育てるためにおこないます。

 

もちろんコミュニケーションや愛犬との信頼関係も深まります。

 

やり方は、愛犬にオスワリを指示し、飼い主様が後ろから愛犬を抱え込みます。その後、愛犬の鼻口部を触ります。

 

愛犬が暴れたらギュッと抱きしめ、落ち着くまで離さないでください。落ち着いたら更に続けてください。

 

           リーダーウォーク                  タッチング

 

このエントリーをはてなブックマークに追加  

ホーム ご購入・お迎えまでの流れ 子犬・子猫検索 安心のサポート制度 お問い合わせ