犬の噛みグセ

犬の噛みグセ

犬は噛むことが本能です。完全にやめさせることは、ストレスを溜めてしまいますので、おもちゃなど噛んでも良いもの。人間の手や、家具など噛んだら悪いもの。を教える必要があります。
子犬の頃は甘噛みで被害も少ないですが、成犬でも噛みぐせが治らなければ、人に怪我をさせたり、家具がボロボロになってしまいますので噛み癖は、絶対にしつけたいしつけのひとつです。
愛犬の性格によって効果のある方法が違いますので、色々試して頂き、効き目のある方法で、しつけをおこなってください。

 

ちなみに子犬の頃の甘噛みははかゆくて甘噛みするのが当たり前と紹介している本やインターネット等がありますが、子犬の時期に放っておくと、大人になっても癖となりますので、子犬の頃からしつけてください。

 

噛む理由はいくつかありますが、まずは噛ませないようにする共通事項です。

 

1.噛んでも良いおもちゃ(飼い主様と遊ぶおもちゃではなく一人で遊ぶおもちゃ)を常に与えてください。
犬は噛むことが本能です。噛んで良いもの、悪いものを教えるとともに噛んで良いものを与えてください。
犬は何かを噛むことが大好きです。噛むとストレス解消になりますし噛むものがないとストレスが溜まってしまいます。
ケージ内に噛んでも良いおもちゃを常に入れておいてください。

 

2.散歩や飼い主さなと遊ぶことにより、ストレス発散、体力を発散させてください。
遊びは長い時間ではなく、短時間で集中的に遊んでください。
興奮して噛む場合もありますが、興奮しそうになったら「マテ」を定期的におこない冷静にさせてから、再度遊んでください。

では、実際にタイプ別に対応方法を見てみましょう。

 

人の手を噛む場合
1.構って欲しい、遊んで欲しいという気持ちで、ちょっかいをだしている。
対処方法
@噛まれてもリアクションを取らず、無視をします。
噛む→無視されると理解すれば、主従関係ができていれば噛まなくなります。絶対に目を合わせないでください。

 

A低い声(高い声ですと、喜んでいると思ってしまいます)で「ダメ」と怒ってください。
普通の叱り方ではありません。ご近所迷惑になるぐらいできる限り大声で殺気に満ちた叱り方をして、愛犬が殺されると恐怖でパニックになりトラウマになるぐらい叱ってください。
(家族全員が共通の言葉で怒ってください。言うことがバラバラだと理解ができません。)

 

B愛犬が噛んだら飼い主様が部屋を出てください。
愛犬は噛んだら飼い主様がいなくなる→さみしいと学習します。

 

C思いっきりオーバーに痛がってください。

 

2.噛んで飼い主様と愛犬がどちらの上下関係が上か下か、様子を伺っている。
対処方法
低い声(高い声ですと、喜んでいると思ってしまいます)で「ダメ」と怒ってください。
普通の叱り方ではありません。ご近所迷惑になるぐらいできる限り大声で殺気に満ちた叱り方をして、愛犬が殺されると恐怖でパニックになりトラウマになるぐらい叱ってください。
(家族全員が共通の言葉で怒ってください。言うことがバラバラだと理解ができません。)

 

3.ストレスが溜まっている。
対処方法
3度目のワクチン注射(病院や地域によっては2度)を打ってから7〜10日たてば、お散歩が出来るので、お散歩をしてあげたり、お散歩ができない時期であれば、室内でボール遊びや、縄でひっぱり合いっこをして、十分ストレスを発散させてあげれば、ストレスによる噛む行為は少なくなります。

 

4.主従関係が逆転している。(一番厄介です)
怒ったり、無視して効果があるのは主従関係が出来ている場合で主従関係ができていなければ効果はあまりありません。
まずは飼い主様と愛犬の主従関係を正常に直すことから始めてください。
ただし一回ついた順位はそう簡単には直りません。数ヵ月は覚悟が必要です。
直し方は主導権を飼い主様が持つことです。

 

対処方法
主従関係は一般的にはリーダーウォーク、ホールドスティール、マズルコントロール、タッチング、などをおこなえば築きやすいと言われています。


その他には
@愛犬と遊ぶときは愛犬に催促されて遊ぶのではなく、飼い主様が主導権を持ってください。
遊ぶのをやめる時も、愛犬が飽きてからではなく、飼い主様が主導権を持って、愛犬からおもちゃを取り上げて遊びを終わりにします。
縄のおもちゃで引っ張りっこをして遊ぶ場合は、最後は必ず引っ張りっこに勝ってから遊びを終わりにします。
遊ぶ時間とそれ以外を区別させます。

 

A命令したことを聞いたときはオーバーに褒めてあげてください。ムツゴロウさんのようにです。

 

B噛んだり悪いことをした時は褒めていた時の声とは逆に低い声で怒ってください。
高い声で怒ってしまい、飼い主様が喜んでいると勘違いしてしまうケースが非常に多いです。
怒る言葉は『ダメ』など、短い言葉をご家族で統一してください。怒り方が複数あると理解しづらいです。
怒るときは愛犬の名前を呼ばないでください。
自分の名前が怒る言葉と思ってしまいます。

 

Cお子様が愛犬をしつけるのは難しいのでドッグフードをお皿で食べさすのではなく、お子様の手から食べさせてあげてください。
お子様の手=ご飯をくれる=好き となります。
ドッグフードを食べている最中に手を噛んだら、食事を中断し、飼い主様は他の部屋へ移動してください。
吠えると思いますが無視してください。
2、3分して鳴き止んだら部屋に戻り、ドッグフードをあげてください。
噛んだら飼い主様は他の部屋へ移動してください。その繰り返しをおこなってください。

 

Dどうしても噛むのをやめない場合は飼い主様の手にわさびやカラシなど、刺激物を塗って遊んでください。
わさびやカラシを手に塗り、良く手になじませてから必ず拭き取ってから遊んでください。
それでも舐めればピリッとします。

 

5.物などを噛む場合 (ひとりぼっちでケージの中に長時間いる場合に多い症状です)
対処方法
@硬さの違うおもちゃを2、3個与えてください。
出来れば10個ぐらい、おもちゃを用意して毎日変えてあげると飽きにくいです。
ただし、木製の犬用のおもちゃで市販されているものでも硬すぎて、歯を折ったりかけたりしてしまう犬もいますので、おもちゃ選びには十分お気を付け下さい。

 

Aほとんどの場合はストレスによるものです。
散歩や飼い主様と遊ぶことにより、ストレス発散、体力の発散をさせてください。

 

               拾い食い                  マーキング

 

このエントリーをはてなブックマークに追加  

ホーム ご購入・お迎えまでの流れ 子犬・子猫検索 安心のサポート制度 お問い合わせ