犬の毛の生え方の特徴(シングルコート・ダブルコート)

犬の毛の生え方の特徴(シングルコート・ダブルコート)

犬には犬種によりシングルコート(単毛)、ダブルコート(二重毛)の2種類の毛の生え方があります。犬は元々ダブルコートのみでしたが、室内で飼いやすいよう、抜け毛を少なく改良されたのがシングルコートです。

 

シングルコート
被毛が単毛と言われていますが、実際はシングルコートの犬達もダブルコートの犬種同様、上毛(オーバーコート)と下毛(アンダーコート)があります。しかし、室内犬に改良したため、体を寒さから守る下毛が必要なくなり換毛期に抜ける下毛がほとんどありません。そのため季節に関係なく抜け毛がほとんどありません。

 

お部屋のお掃除などは犬を飼っていない家庭とほとんど変わりません。また抜け毛もあまりないので、犬アレルギーの方でも軽度の方であればアレルギーが出ない場合があります。

 

シングルコートの短毛種の犬よりもシングルコートの長毛種の犬のほうが、毛の寿命が長く、抜けにくいと言われています。シングルコートでもウィペットなどの短毛種やパピヨンなどの長毛種でも、ある程度の長さになると毛が伸びなくなる犬種は定期的にトリミングをしなくても大丈夫ですが、毛が抜けにくく、伸び続ける犬種は定期的なトリミングが必要ですので、ダブルコートの犬種に比べ、トリミングの費用がかかります。

 

シーズー/ビションフリーゼ/プードル/マルチーズ/ヨークシャーテリア、などは毛が抜けにくく、伸び続ける代表的な犬種です。

 

※上記は一般的にシングルコートの犬種の特徴ですが、全てのシングルコートの犬達が当てはまるものではありません。例えばジャックラッセル・テリアはシングルコートですが、ダブルコート並みの抜け毛があります。

 

イタリアングレーハウンド/ウィペット/プードル/シーズー/狆(ちん)ビションフリーゼ/ジャックラッセルテリア/パピヨン/ヨークシャーテリア/マルチーズ、などがシングルコートの代表的な犬種となります。

 

※シーズー/ビションフリーゼ/パピヨン、はシングルコートとダブルコートの両方に意見が分かれるようです。

 

ダブルコート
上毛(オーバーコート)と下毛(アンダーコート)の被毛が生えています。
春と秋の年2回の換毛期があり、春には冬毛が抜け、夏毛に生え変わり、秋には夏毛が抜け、冬毛に生え変わります。

上毛は体を守るため、下毛は寒さから体を守る役割があり換毛期には下毛が抜けます。

 

抜け毛が多いのでお部屋のお掃除は大変です。しかし毎日蒸したタオルで体を拭くことにより、多少は軽減されます。ダブルコートのほとんどの犬種の場合、換毛期に毛が抜けるのでトリミングの必要はありません。

 

※上記は一般的にダブルコートの犬種の特徴ですが、全てのダブルコートの犬達が当てはまるものではありません。例えばミニチュアシュナウザーはダブルコートですが、抜け毛は少ないです。

 

日本犬/ポメラニアン/キャバリア・キング・チャールズ・スパニエル/ミニチュアシュナウザー/コーギー/シェットランドシープードッグ/ボーダーコリー/シベリアンハスキー/ゴールデン・レトリバー/ラブラドール・レトリバー/ラフコリー、などがダブルコートの代表的な犬種となります。

 

パグは毛色がブラックの場合はシングルコート、フォーンの場合ダブルコートと言われていますが、毛色に関係なく抜け毛は多いです。またスムースコートチワワはシングルコート、ロングコートチワワはダブルコートと言われていますが、どちらのチワワも毛は抜けやすいなど、犬の毛は複雑で一概には言えません。

 

プードル/ビションフリーゼ/シーズー/ミニチュアシュナウザー/ケリーブルーテリア/ヨークシャーテリア/マルチーズ、などがシングルコート、ダブルコートに関係なく毛が抜けないと言われている犬種となります。

 

シングルコート、ダブルコート、それぞれ特徴はありますが、シングルコートのわんちゃんを飼っているお客様はトリミングのお値段はかかりますが、毎月色々なおしゃれなカットを楽しんでいたり、ダブルコートのわんちゃんを飼っているお客様は毎日暇さえあれば、じゅうたんをコロコロで掃除していますが、愛犬ががしっぽをふって飛びついてくれば、そんな苦労は一瞬で吹き飛ぶとおっしゃいます。シングルコート、ダブルコート、どちらのわんちゃんでも、最終的には後悔しないと思います。

 

    ご購入・お迎えまでの流れ           犬の被毛の種類

 

このエントリーをはてなブックマークに追加  

ホーム ご購入・お迎えまでの流れ 子犬・子猫検索 安心のサポート制度 お問い合わせ