男の子と女の子の違い、どちらが飼い易い?

男の子と女の子の違い、どちらが飼い易い?

1.性格
男の子と女の子は性格が異なります。
一般的に男の子の方が甘えん坊で、仕草が可愛いです。女の子はやんちゃな子が多いです。
しかし、愛犬の性格は飼い主様の飼い方、しつけによっていくらでも変わります。

 

2.大きさ 
男の子の方が少し大きいです。大型犬になると男の子と女の子の差が5kg〜10kgある場合もあります。

 

3.力の強さ 
男の子の方が力があります。大型犬になると男の子、女の子にかかわらず、特に力が強いので散歩時の引っ張りぐせなどは、しつける必要があります。

 

4.おしっこの仕方
男の子は後ろ足をあげておこないます。女の子はしゃがんでおこないます。

 

5.ヒート

人間でいう生理です。女の子は当然あります。避妊手術をおこなえば、ヒートはなくなります。
避妊手術をおこなわない場合は、およそ半年に1回の周期でヒートがあります。ヒート時は犬用おむつなどを履かせます。ヒートの時期は通常に比べ気が立っています。
また、ヒート時はドッグランの使用はできません。散歩は他のわんちゃんとなるべく会わないような時間帯、コースを選び、万が一あった場合は、近づけないようにしてください。

 

犬の繁殖を考えていないのであれば、去勢・不妊手術の検討を行なってください。不幸な子犬を増やさないためだけではなく、発情によるストレスをなくし、生殖器やホルモンに関する病気の予防にもなります。平均寿命も延びると言われています。

 

6.男の子と女の子、どちらが人気がある?どちらが飼い易い?
女の子の方が男の子に比べ、一般的には飼い易いと言われていますので、人気があります。男の子の方が力があるからです。また実際は上記した通り、女の子のほうがやんちゃなのですが、一般的なイメージは男の子の方がやんちゃで飼いづらいというイメージがあるようです。
しかし、実際は上記でも書きましたが男の子は甘えん坊ですが、いざという時は力が強い。
女の子は男の子に比べれば多少力は弱いですが、やんちゃな子が多いので、飼いやすさからで言うと一長一短で、男の子、女の子で飼いやすさはあまり変わりないと思います。

 

最終的には、男の子を選んでも女の子を選んでも、ご見学で気に入った子であれば後悔はしないと思います。

 

    犬の被毛の種類        ご見学について

 

このエントリーをはてなブックマークに追加  

 

 


ホーム ご購入・お迎えまでの流れ 子犬・子猫検索 安心のサポート制度 お問い合わせ