犬アレルギーについて

犬アレルギーについて

初めて犬を飼われるご家庭では、ご家族全員でご見学されることをお勧め致します。理由は犬アレルギーでないことを確かめるためです。

 

もし、子犬お迎え後に犬アレルギーとわかった場合、犬を飼うことが、とても大変だからです。そうならないよう、初めて犬を飼われるご家庭ではご家族全員で見学に行き、子犬を抱っこしてください。

 

人によっては犬のそばに寄ったり触れ合うと、アレルギー症状が出てしまう場合があります。症状は咳や鼻水、くしゃみやかゆみ等です。

 

犬のフケや唾液が付着した抜け毛や犬そのものが原因と言われています。
マルチーズやシーズーなどのシングルコートの毛の抜けにくい犬種は軽度の犬アレルギーの場合は、飼える可能性があります。シングルコートの中でも特に毛の抜けにくいプードルは、犬アレルギーの場合でも、飼える可能性が高いです。

 

ただし、室内で飼う場合は定期的に愛犬にシャンプーをおこない、毎日濡れタオルで拭いてあげる。お部屋はこまめな抜け毛の清掃をし、清潔な状態を維持すると共に、こまめな空気の入れ替えや空気洗浄機の使用し、愛犬と室内を清潔に保つ必要があります。

 

 

軽度のアレルギーの方の場合、病院に通われ、お薬を飲み続け、アレルギーの症状を軽減したり、症状が出なくなったという人の話も聞きますが、重度の場合、呼吸困難になることもあるので、犬は飼わない方が良いでしょう。犬を飼う前に、ご自分が犬アレルギーか知ることも重要です。

 

ただし、今までは犬アレルギーでなかった方でも、ある日突然犬アレルギーになる場合もあります。

 

また、犬アレルギーもあれば猫アレルギーもあります。
今まで猫を飼われていた方が、犬を飼ったらアレルギー症状が出た。今まで犬を飼われていた方が、猫を飼ったらアレルギー症状が出た。という方もいらっしゃいます。犬のアレルギーではないからといって、猫のアレルギーでないとは限らないので注意が必要です。

 

見学の際に実際に子犬を確認したり、フィーリングなどを確かめるのも大切ですが、直接子犬と触れ合うことにより、ご家族全員が犬アレルギーでないか確かめることも重要です。特にお子様もいらっしゃる場合は必須です。

 

ご見学中にアレルギーの症状が出る場合もあれば、数時間してから症状が出る場合もありますので、ご自分やご家族が犬アレルギーかどうかわからない場合は、できればご見学から2、3日、最低でもご見学から1日アレルギーの症状が出ないか、様子を見ましょう。

 

ご家族全員でご見学に行けない場合や、ご見学の少ない時間だけで犬アレルギーか判断されるのがご心配な方は病院で検査されることをお勧め致します。
結果がでるまで数日かかりますが、検査をされた方が安心です。ご家族全員でアレルギー検査を受けるのもよいでしょう。

 

今までトイプードルなど毛が抜けにくいシングルコートの犬を飼っていたのに、毛の抜けやすいポメラニアンなどダブルコートの犬を飼ったらアレルギーが出たという方もいらっしゃいます。
シングルコートの犬種の場合、軽度の犬アレルギーでは全く症状が出ず、普通に飼うことができる場合もあるからです。

 

逆を言えばダブルコートの犬をご見学され、アレルギーの症状が出た方や、病院で検査の結果が犬アレルギーと言われても、軽度であれば犬種は限られますが、シングルコートのと暮らすことができる場合もあります。

 

犬アレルギーの方が犬を飼われる場合は必ず医師に相談するとともに、もしアレルギーの症状悪化により飼えなくなった場合、親族や友人などに愛犬を譲り受けてくれる方を見つけておくことも大事です。

 

           ご見学の時期               子犬お迎えのご準備

 

このエントリーをはてなブックマークに追加  

ホーム ご購入・お迎えまでの流れ 子犬・子猫検索 安心のサポート制度 お問い合わせ