子犬お迎えのご準備

子犬お迎えのご準備

今までに子犬の飼育経験のある方は悩むことはないかもしれませんが、子犬を飼うのが初めての方は、何を準備すれば良いか悩まれる方が多いかもしれません。

 

子犬お迎えまでに最低限ご用意して頂きたいものは下記の通りとなります。

 

1.ケージ(サークル)
お留守番時や日常生活に使用します。愛犬が大きくなると飛び出してしまう可能性がありますので、屋根付きをお勧め致します。

 

ケージ内には下記の3つの場所を作ります。
@ペット用ベッドやキャリー、毛布などの子犬が落ち着いて睡眠できる場所を作ります。
Aのどが乾いたら飲めるように給水スペースを作ります。
Bケージ内ですから難しいですが睡眠場所からできるだけ離してトイレシートなどのトイレができる場所を作ります。

 

犬は本来睡眠場所の近くでトイレはおこないません。しかし子犬の時期は2時間に1回程度おしっこをするので、子犬の時期や成犬でもお留守番の時などケージ内で過ごす時間が多い場合はケージ内にトイレを設置したままにしますが、ケージから愛犬を出す時間が多いご家庭であれば、成犬になったらケージからトイレを撤去しても大丈夫でしょう。

 

2.ベッドやキャリー
ケージの中に入れ、睡眠するときに使います。キャリーでしたら、中にタオルやベッドを敷いてください。
ただし、キャリーをケージに入れる場合、ある程度大きなケージが必要となります。
キャリーが入らないケージをご利用する場合はケージ内にはベッドを入れ、キャリーは子犬をケージから出した時に遊ばせるスペースに設置し、ケージから出ているときは、いつでも自分の意志でキャリーに入れるようにしておいてください。

 

また、キャリーに入るしつけ(ハウストレーニング)をおこない、キャリーは自分専用の部屋と認識させてください。自分専用の部屋と認識することで、落ち着ける場所、安心できる場所を与え、旅行や災害時などのご自宅以外の環境でもキャリーの中に入れば、愛犬が落ち着いて過ごすことが出来ます。

 

デメリットはケージの中でキャリーを使用する場合、ケージに入っている時も飼い主様は子犬を見ていたいと思いますがキャリーに子犬が入ってしまうと見えなくなってしまうということです。

 

※キャリーは子犬お迎え時や、お出かけ時など利用する機会が多いので、ご自宅で睡眠時に使用しなくても購入されたほうがよろしいでしょう。

 

3.トイレシート(トイレシーツ)
子犬の時期は2時間に1回程度おしっこをするのでケージの中に入れてください。ケージ以外の子犬が出れるスペースなどにも置いてください。

 

4.ペット用消臭・除菌スプレー
うんち・おしっこなどをお部屋でするので、衛生的に必要です。

 

5.フードボール

 

6.給水ボトル
ドッグフードをふやかして与えている時期ですと(生後3ヵ月くらいまで)、お水をお皿に入れて与えてしまうと、お水を接種しすぎてしまいお腹がゆるくなる傾向があります。
カリカリの乾燥したドッグフードに切り替える前はケージ給水ボトルをつけて飲めるようにしてください。
子犬お迎え初日に給水ボトルから水が飲めることを教えてあげてください。

 

7.ドッグフード
ブリーダーさんが与えている物と同じフードのほうが食いつきが悪くなったり、お腹がゆるくなる可能性が少ないで、できればご用意ください。
どうしても別メーカを使用したいなどの場合は、他のメーカのものでも構いませんが、チキンやラムなど現在与えている原材料を使用したパピー用のものをご用意ください。

 

また、フードは子犬の頭脳と身体を作る大切な栄養源です。特に子犬から成犬に成長する大事な時期には、プレミアムフード(kg700円〜が一つの目安)を与えるようにしてください。

 

災害など緊急時でも手に入れられるよう、お近くのお店で販売しているものに切り替えても良いでしょう。

 

8.被毛をとかすブラシや歯ブラシなどのケアグッズ
ブラッシングを日々おこなうことにより子犬、子猫に異変があった場合、気付きやすいですし、小さなころからブラッシング、歯みがきなどをおこなうことにより、人に触られることを嫌がりにくい性格に育ちやすいです。

 

「犬 スターターセット」「猫 スターターセット」などで調べると子犬・子猫のお迎えに必要な商品がセットになったものを探せます。
セットになっているものは、セット割で個別に買うよりもお得な場合もあります。

 

上記が、最低限必要となりますので、ご準備ください。
ただし、それ以外にもご用意されたほうが、よろしいと思うものがいくつかあります。

 

1.首輪とリード
お散歩デビュー前までに揃えれば良いと思いがちですが、首輪は小さい頃から慣れさせたほうが嫌がらない傾向にあります。リードは巻き取り式で長さを自由に調節できるものをお勧めします。
胴輪もありますが、リーダーウォークがしっかりできるまでは、首輪がよいでしょう。

 

2.おもちゃ
お留守番の多い子なら一人で遊ぶおもちゃを数種類(毎日同じものですと飽きるため)
飼い主様と遊ぶおもちゃ(ひっぱりっこをするおもちゃやボールなど)をご用意して頂けたらと思います。

 

3.上部がメッシュタイプのトイレシートトレー
トイレシートを入れ、固定するトレーです。子犬によってはトイレシートを食べてしまうことがありますがトイレシートトレーにシートをひけば、食べることはありません。また、トイレとして認識しやすいです。

 

最初は必要最低限のものをそろえて、今後、必要なもの(お出かけ・おさんぽグッズ)などはその都度買い足していけばよいと思います。

 

ケージやケージ外のトイレの設置場所
子犬のケージやケージ外のトイレをどこに置くかを決めましょう。
ケージやトイレを、人の出入りの激しい場所や外から見えるところに置くと、子犬は落ち着きません。直射日光が当たる場所や、エアコンの風が直接当たる場所にはケージを設置しないでください。

 

またケージとトイレとをしっかり分けてあげると、トイレを覚えやすく、子犬のストレス軽減にもつながります。

 

一度ケージやトイレの場所を決めましたら、基本的にはそこから動かさないようにしましょう。ただしトイレの場所以外の同じ場所で、何度もおしっこなどを行う場合は、その場所をトイレの場所にしてしまうのも、一つの方法です。

 

         犬アレルギーについて        子犬お迎え時に必要なもの

 

このエントリーをはてなブックマークに追加  

ホーム ご購入・お迎えまでの流れ 子犬・子猫検索 安心のサポート制度 お問い合わせ