子犬お迎え時に必要なもの

子犬お迎え時に必要なもの

子犬お迎え時(受取時)に、ご用意した方が良いものは下記の通りとなります。

 

1.ペットキャリー
ご自宅まで抱っこしたままですと、おしっこなどをしてしまう可能性もありますのでご用意ください。

 

子犬の時の大きさでキャリーを購入してしまうと、成犬に成長したときには使用できず、もったいないので成犬になった時に合う大きさのキャリーを購入してください。
ただし、そのまま成犬用のキャリーを子犬に使用すると大きすぎてキャリー内で子犬が安定することができず、キャリー内で転がってしまうので、毛布やペット用ベッドなどをキャリーに入れ、キャリー内の空間を子犬の大きさに合わせ狭くしてください。

 

車でお迎えの場合、キャリーの代わりに大きなダンボールでも可能ですが、上から出てしまう可能性があるので、ダンボールを使用する場合はお二人様以上でお迎えに行き、ダンボールから目を離さないようお願い致します。

 

ダンボールのフタは閉めると中が見えず、何かあった場合、子犬の異変に気付かないので、絶対におやめください。

 

2.ペットシートやペット用おむつ
キャリー内やダンボール内に敷いてください。おしっこやうんちをして汚れた場合は新しいものに変えてください。

 

お一人で子犬をお迎えの場合や電車などの公共の乗り物でお迎えの場合、うんちをしてもすぐにお手入れをすることができないのでペット用のおむつを利用されたほうが良いかもしれません。

 

3.お水又はスポーツドリンク
ご自宅についてからお水を飲ませてあげれば大丈夫ですが、ご自宅が犬舎から遠方の場合や車酔いをして吐いた場合などは、お水を飲ませてあげたほうが良いので、ご準備ください。冷えたものを与えるとお腹が緩くなる場合があるので、常温をご用意ください。

 

ドッグフードはもどしてしまう原因となるので、ご自宅についてからあげてください。
なお、最初の2、3日は旅疲れで低血糖になりがちですので、お水の他にスポーツドリンクや砂糖水を少量で構わないので飲ませてください。

 

4.お水を飲ませるお皿

 

5.ティッシュ(トイレットペーパー

 

6.タオル

 

7.ビニール袋
使用済みのティッシュなどを入れるのに必要です。

 

ご自宅に戻る途中、1時間に1回の休憩をお勧め致します。
休憩時に体調は問題ないか、もどしていないか、おしっこ、うんちはしていないかなどの確認をして、状況によってお水をあげてください。

 

       子犬お迎えのご準備        犬種選びから子犬お迎えまでのメニュー

 

このエントリーをはてなブックマークに追加  

ホーム ご購入・お迎えまでの流れ 子犬・子猫検索 安心のサポート制度 お問い合わせ