ご見学について

ご見学について

法改正により2013年9月1日から子犬・子猫をご購入される場合、ご見学、対面説明が必須となりました。
ご見学の犬舎が長距離になる場合もあり、お客様には大変ご迷惑をお掛け致しますが、ご見学必須は悪いことばかりではありません。

 

犬舎でのご見学は、お問い合わせ頂いた子犬と共に兄弟犬もご見学でき、相性のあった子を選ぶことができ、ブリーダーさんと会うこともできるので、ブリーダーさんの人柄を見ることができ、この人が育てた子犬なら安心して迎えることができると思います。
子犬の生まれた環境、親犬をご見学して子犬の成犬時のイメージを確認することができます。

 

また、今までは気づいていなかったが実は犬アレルギーだったなど犬と実際に接しないと気づかないことが確認できます。

 

ご見学時には何を確認するのか、何を質問するのか前もって準備して頂ければ、子犬選びの失敗は少なくなるでしょう。

 

なお、ご見学時、子犬のしぐさで大まかな性格はわかりますが、あくまでもご見学時点での性格です。これからの飼育やしつけ、成長するに従い性格は変わっていきます。

 

人間の手をぺろぺろ舐める → 人懐っこい
人間の手をギュッと掴み、離れようとしない → 甘えん坊
撮影時にハイハイや歩き回る → 元気
人や物に寄ってくる → 好奇心旺盛

 

ご見学必須により、お客様のご負担はかかりますがご見学のメリットは数多くあり、
わんちゃんは新しく迎える大切なご家族なので、ご見学はとても重要なイベントなのです。

 

ご見学は必ずご予約を頂いております。ご見学日時が決まりましたらお知らせください。

 

文章に記載すると、ブリーダーさんの犬舎へご見学は敷居が高いように感じますが、全然そんなことはありません。堅苦しいこともはありません。子犬お迎え後、ペットショップは行く機会があってもブリーダー犬舎に行く機会はないと思います。わんちゃんが生まれ育った環境を見れば、安心して子犬をお迎えできると思います。

 

ご見学はペット販売のプロとして、東京都知事から第一種動物取扱業の資格を受けた当店担当者が犬舎・猫舎の近くでお待ち合わせさせて頂き、ご案内させて頂き親切丁寧に対応させて頂きますので安心してご見学して頂けます。

 

ぜひお気軽に、ご連絡ください。

 

 

男の子と女の子の違い、どちらが飼い易い?        ご見学での注意点

 

このエントリーをはてなブックマークに追加  

 

 


ホーム ご購入・お迎えまでの流れ 子犬・子猫検索 安心のサポート制度 お問い合わせ